在宅ワーク

完全初心者が独学でWebライターになる方法

Webライターと聞くと、記事を書く上で学ばなきゃいけないことがたくさんありそうなイメージですよね。私も最初はどうやって勉強すればいいのかわからなかったです。

ですが、完全初心者の私でも独学でWebライターになることができました。

この記事では、

初心者でも独学でWebライターになれるのかな?なれるならその方法が知りたい!でもあまりお金を使わずに勉強したいな…。

このような人に向けて、完全初心者でもお金を使わずに独学でWebライターになる方法を詳しく解説します!

完全初心者が独学でWebライターになる方法

完全初心者がWebライターになるには、まずはライティングの知識を頭に入れておいた方がいいですよね。

でもどうやってライティングの知識を身につけるのかが問題です。

では、完全初心者が独学でWebライターになる方法を解説していきます。

Webライターのブログを見る

Webライターのブログには無料でたくさんの情報が載っています。

しかも、その情報が書いてある記事自体がお手本のようなものなのです。

Webライターの知識を身につけつつ、ライティングスキルを盗み出すイメージで意識して文章を読むことが大切です。

タイトル・見出し・導入文・文章のまとめ方など、内容を頭に入れながら書き方も学んでいきましょう。

Webライターがブログを書いた方がいい理由!メリットまとめWebライターがブログを書いた方がいい理由を知っていますか?この記事ではWebライターがブログを書いた方がいい理由を7つご紹介しています。メリットばかりなので、Webライターとして成長したい人はブログを書いてみましょう!...

真似して書いてみる

Webライターの知識や記事の書き方がなんとなくわかったら、真似して書いてみることをおすすめします。

ただ読むだけなのと、実際に書いてみるのとでは全く違います。

実際に頭で考えて自分の言葉で書くと、イメージも湧いて感覚をつかむことができるでしょう。

最初は文章の書き方で悩む事もありますが、そんなときこそいろんな人の文章を真似してみると「こんな書き方もできるのか!」と新たな発見もあって学んでいくことができます。

【初心者向け】Webライティングが上達!?文章の書き方やポイント初心者がWebライティングを上達させるにはどうしたらいいの?という疑問を持っている人はいませんか?この記事では、Webライティングを上達させるための文章の書き方やポイントを詳しく解説しています!Webライティング力を身に付けたい人はぜひご覧ください!...

仕事を受注してみる

書き方もなんとなくわかってきたら、仕事を受注してみましょう。

このとき、最初は構成ありの案件にすることをおすすめします。

構成ありの案件だと構成の勉強にもなりますし、構成にそって文章を考えていけばいいので初心者にはハードルが低いです。

構成ありの案件に慣れてきたら、構成から作成するものに挑戦していくといいでしょう。

とにかく仕事を受注して、記事を書くことに慣れていくことが大切です。

Webライターを始めるならクラウドワークスがおすすめ!Webライターを始めるにはクラウドワークスがいいって聞いたけど本当なの?と疑問に思っている人はいませんか?この記事では、クラウドワークスがWebライターにおすすめの理由を詳しく解説しています。Webライターを始めたい人はぜひご覧ください!...

発注者からの修正点を直しつつ学んでいく

初心者のうちは記事を納品すると発注者から修正点を伝えられることがほとんどです。

その修正点を直しつつ学んでいくことがとても大切です。

自分のどこを直したらいいのかをどんどん吸収していきましょう。

私も修正点が多くてもへこまずに、それだけ成長することができると思うようにしています。

そして次からはそこを意識して書いてみると、よりいい記事が書けるようになるのです。

Webライターは記事を書きまくって修正されて覚えていくことが大切!

完全初心者が独学でWebライターになる方法について解説してきました。

  1. Webライターのブログを見る
  2. 真似して書いてみる
  3. 仕事を受注してみる
  4. 発注者からの修正点を直しつつ学んでいく

この4つを実践していくと、あなたも気づくとWebライターになっていますよ。

Webライターは記事を書きまくって、発注者からの修正点を直すことでどんどん覚えていきます。

修正点が多くても成長への道だと思って、前向きに頑張りましょう!