在宅ワーク

【初心者向け】Webライターが挫折する理由と解決策

初心者のWebライターは挫折することが多いです。在宅やカフェなどで好きな時間にネットで稼げるなんて最高なのに、なぜ挫折するのか気になりますよね。

この記事では、

気合いを入れてWebライターを始めたけど挫折しそう…。初心者の人がWebライターで挫折しそうになることないのかな?解決策があるなら教えてほしい!

このようにWebライターで頑張りたいと思っている人のために、挫折する理由と解決策を詳しく解説します!

Webライターが挫折する理由

スキルや実績がなくてもすぐにパソコン1つで始めやすいのがWebライターです。

そのため「Webライターって好きな場所で好きなだけ稼げて最高だよね!」と思って挑戦する初心者の人は、現実を知って挫折することが多いです。

正直なところ、私もWebライター3ヶ月で挫折を経験しました。

では、Webライターが挫折する理由を3つ解説します。

すぐに稼げると思っている

Webライターが挫折する理由は、すぐに稼げると思っていることです。

Webライターで数十万稼いでいる人もいますが、最初のうちはスキルも実績もないため単価が低いことがほとんどです。

そのため、文字数が多かったり件数を増やしたりしないと収入は増えません。

しかし文章を考えることやタイピングに慣れていない初心者は「稼げないじゃん!」と感じてしまい、理想と現実の差に挫折してしまうのです。

初心者3児ママが在宅ライターになった!初月の収入や流れなど詳しく解説パソコン初心者3児ママが在宅ライターになった!本記事では、初心者在宅ライターの初月の収入や仕事の流れなど詳しく解説します。私が実際に稼いだ金額や作業量などを公開しちゃいます!これから在宅ライターになりたいと思っている人はぜひご覧下さい!...

執筆に時間がかかる

執筆に時間がかかることもWebライターが挫折する理由の1つです。

初心者の多くは、慣れるまで500文字書くのに1時間ほどかかります。

2000文字の案件を終わらせるには、4時間もかかってしまうのです。

私も最初から3000文字~5000文字を執筆していたので、「1件にこんなに時間がかかるなんて…。」とこの先Webライターとしてやっていけるの自信がなくなることもありました。

契約が突然終了する

Webライターが挫折する理由には、契約が突然終了することもあげられます。

会社員として頑張って働いていて、突然解雇と言われたら驚くし焦るしどうしたらいいかわかりませんよね。

Webライターをしていて突然契約終了することは珍しくありません。

しかしWebライターを始めたばかりで突然契約が終了してしまうと「自分には文章力がないのかもしれない…」と落ち込み挫折につながるのです。

私も初めての継続案件が3ヶ月で契約終了と言われ挫折につながりました。

初心者在宅ライターが経験した突然の契約終了!改善策はあるのか!?在宅ライターのお仕事が突然契約終了になった!どうしたらいいの?と悩んでいる人はいませんか?初心者在宅ライターの私が実際に突然契約終了になった経緯や、改善策をご紹介します。また突然契約終了になってしまった時に困らないためにぜひご覧ください。...

Webライターが挫折しないための解決策

Webライターが挫折する理由を解説してきました。

「そうそう。時間がかかるのに収入は少ないんだよね…。みんな同じなんだ。私も挫折しちゃうのかな…」と落ち込んでしまった人も多いのではないでしょうか。

私も挫折したと言いましたが、今はWebライターの仕事を楽しんでいます!

ここでは、Webライターが挫折しないための解決策を詳しく解説します。

ブログを始める

Webライターが挫折しないためには、ブログを始めることがおすすめです。

ブログを始めると、構成からSEOまでWebライターとしての知識が身につきます。

そして文章を考えることやタイピングにも慣れて、1つの記事を執筆する時間が早くなります。

知識も身につき執筆も早くなると、Webライターとしての自信になり収益にもつながります。

Webライターがブログを書いた方がいい理由!メリットまとめWebライターがブログを書いた方がいい理由を知っていますか?この記事ではWebライターがブログを書いた方がいい理由を7つご紹介しています。メリットばかりなので、Webライターとして成長したい人はブログを書いてみましょう!...

時給換算をしない

時給換算をしないことも、Webライターが挫折しないための解決策です。

Webライターを始めたばかりの頃は、どうしても時給として考えてしまいます。

文字単価0.5円で2000文字を4時間で書くとします。

0.5円×2000文字=1000円

1000円÷4=250円

時給250円

時給250円って考えると、割りに合わないと思ってしまいますよね。

しかし、慣れることで500文字1時間かかってたのが30分になったりと短くなっていくのです。

初心者のうちは単価も低く、時間もかかるため、時給換算するのはやめておきましょう。

自分ができる範囲の案件を受注する

自分ができる範囲の案件を受注することも、Webライターが挫折しないための解決策として大切です。

どうしても稼ぎたいという欲から文字単価が高い案件、もしくは文字単価が低くても大量受注に挑む人が多いです。

しかし、最初のうちから文字単価が高いとそれだけの作業とクオリティーを求められます。

そのため時間がかかり修正点も多く「自分はWebライターに向いていないのではないか。」とやる気をなくしてしまう可能性が高いです。

また文字単価の低い案件を大量受注してしまうと、キャパオーバーになってしまうこともあります。

やる気を継続させるためにも、最初は自分ができる範囲で執筆しましょう。

休むことも大切

Webライターが挫折しないためには、休むことも大切です。

私も3ヶ月で挫折しましたが、1ヶ月休むことによりやる気を取り戻し復帰することができました。

Webライターのメリットは自分で仕事をもらい、仕事の量も時間も調節できることがあげられます。

休んでブログを始めてみたり読書をしてみたりするのもいいですよね。

会社員で一度辞めてまた戻るのは難しいかもしれませんが、Webライターは可能なのです。

またWebライターを始めたいと思えるまで、休むことも必要です。

Webライターは挫折してもいつでも復帰することができる

Webライターが挫折する理由と挫折しないための解決策について詳しく解説してきました。

Webライターは初心者のうちは、執筆に時間もかかるし単価も低いし、挫折しやすい職業かもしれません。

ですがWebライターを続けていくことでスキルや実績ができて、時間や単価は改善されていきます。

Webライターは挫折してもいつでも復帰することができるので、あまり考えすぎずに自分ができる範囲でやっていきましょう!

【初心者向け】Webライティングが上達!?文章の書き方やポイント初心者がWebライティングを上達させるにはどうしたらいいの?という疑問を持っている人はいませんか?この記事では、Webライティングを上達させるための文章の書き方やポイントを詳しく解説しています!Webライティング力を身に付けたい人はぜひご覧ください!...