ブログ

ブログ記事の文字数は長い方がいい?SEO対策には何文字がいいのか

ブログを書いていると、何文字くらい書いたらいいのか悩む時があります。SEO対策には何文字がいいのか気になりますよね。

この記事では、

ブログ記事の文字数はやっぱり長い方がいいのかな?でも長々と書くと読者が疲れて最後まで読んでくれないって聞いたこともあるし。SEO対策には何文字がいいんだろう。

このような疑問について、詳しく解説していきます。

ブログ記事の文字数は長い方がいい?SEO対策には何文字がいいのか

「ブログ記事の文字数はSEO的にも長い方がいいんだよね?」という声をよく耳にします。

結論から言うと、文字数が少なくても上位表示されることはあります。

決して長い記事だけがSEO対策になるわけではないのです。

もちろん長文がSEO対策になることもありますが、それにはしっかりと理由があります。

まずは読みやすい記事で、読者が満足する答えを書くことが大切です。

ブログ記事は何文字を目安にした方がいいのか解説します!

ブログ記事は1500文字〜3000文字を目安にしよう!理由は?

ブログ記事は、1500文字〜3000文字を目安にしましょう。

理由は、

  1. 1500文字は読者の答えを導き出すために最低限必要
  2. 2000文字は読みやすいと感じる文字数
  3. 3000文字は読みやすく、より読者が求めていることを書く
  4. 3000文字以上はコンテンツの充実度かなり高め

これらについて詳しく解説していきます!!

読者が満足する答えがあることが必要

読者を満足させるためには、しっかりと答えを出してあげることが必要です。

そうすると自然と文字数は増えて、1500文字くらいにはなるでしょう。

「1500文字はSEO的に少ないんじゃない?」と思う人もいますが、その1500文字の中に読者が満足する答えがあればいいのです!

ですがさらにコンテンツを充実させようと思うと、2000〜3000文字になることが多いのでSEO的には評価が高まる傾向があります。

読みやすいと感じる文字数

人間が読みやすいと感じる文字数は、2000文字です。

2000文字だと3分ほどで読めるため、

  • 集中して読み終えることができる
  • 短い時間でさっと読める

といったことから読みやすい記事になるのですね!

例えば、あと5分で家を出る時間だけど準備も終わったしyoutubeでも見ようかなと思った時に、3分と10分の動画なら3分の動画を選びますよね。

ブログも同じで短時間で読み終えることができると、その時間に集中して最後まで読み切ることができます。

その数分の中で、求めていた答えがわかれば読者は満足するんです。

そしてその答えにプラスした内容を盛り込むことで、読者が求めていた答えの先を教えてあげることができるので3000文字くらいに膨らんでも大丈夫ですよね!

長文がSEOに効果的と言われる訳

長文がSEOに効果的と言われるのは、文字数が多い分内容の充実度が高いためです。

例えば読者が、「一つのことについて調べたけど、こんなことも知りたいな」と思っていた時に、そのことも先読みして書いてあったら読者は嬉しいですよね。

「そう!このことも知りたかったんだよね!」となるわけです。

そういったことを記事に盛り込んでいくと、勝手に文字数も増えてコンテンツも充実するためSEO対策にもなると言われているのです。

ですが、文字数が少ない記事でも上位表示されているため、必ずしも長文だからSEOに評価されるという訳でもないのですね。

文字数にこだわらず読者が求めている答えを書くことが大切!

ブログ記事は1500文字〜3000文字を目安にしようと言いましたが、とにかく文字数にこだわらず読者が求めている答えを書くことが大切です。

読者が求めている答えを書いていると、自然と1500文字は超えています。

ちなみにこの記事は約1600文字ですよ!

ほら、文字数を気にしていなくても、自然と1500文字は超えていました。

皆さんもとにかく読者が求めている答えを導き出してあげましょう!

【ブログ運営】初心者ブロガーが50記事達成!継続するためのコツブログを50記事書きたいけど継続できるか不安…と言う人はいませんか?この記事では、初心者ブロガーが50記事達成してわかった継続するためのコツを解説しています。ブログを継続して50記事達成したい!と言う人はぜひご覧ください!...