育児

子供の熱中症対策!子供を守ろう!

暑さに弱いゆめです(;_;)

もう暑くて暑くて真夏が怖い…

そんな暑い日は熱中症が増えますよね。

先日、娘も熱中症になりかけて病院に行ってきました!

今は落ち着いて元気になって安心しています。

子供や高齢者は熱中症になりやすいので、気をつけないと危ないですね!

熱中症についてしっかりと学び、熱中症対策をしましょう!!

子供の熱中症対策!子供を守ろう!

毎年熱中症で搬送される人が増加してきています。

娘がなりかけたこともあり、改めて熱中症は怖いなと実感します。

家の中でも、対策をしていないと大人でも熱中症にはかかるのです。

特に小さい子供は、暑さをうまく教えることができないため、気づくのが遅れてしまいます。

まずは大人が気づき、対策をしてあげることがとても大切なのです!

よく観察しよう

顔が赤くなり、汗をたくさんかいているときは、身体の中から体温が高くなっている可能性があります。

その場合は、涼しいところに移動しましょう。

元気に遊んでいても、すぐに熱中症の症状が出ないこともあるため、早めに大人が気づいてあげることが熱中症対策には大切なのです!

放置するとあっという間に悪化してしまいます。

油断せずに、何かおかしなところがあるときは、体温を測ってみることをオススメします!

涼しい服装にしよう

熱がこもりにくい服装を選ぶようにしましょう。

綿・麻・ポリエステルなどの吸水性と速乾性がある素材を選ぶこともポイントです!

また、ぴったりと密着している服は風が通らないため避けたほうが良いでしょう。

ゆったりとした服装の方が通気性がよく、熱中症対策にはオススメです!

袖口や襟も開いている方が風が通りやすくて涼しく感じるでしょう。

そして、暑いからと肌着を着せない人もいますが、汗の蒸発を助けてくれる効果などもあるため、肌着を着て過ごすことをオススメします!

水分補給をこまめにしよう

子供は喉が渇いてから、訴えることが多いです。

ですが、熱中症対策には、喉が渇く前に水分補給することが大切です!!

大人が意識して、子供に水分を摂取させましょう。

大人でも、1日におよそ2.5ℓの水分を失うと言われています。

夏は汗をたくさんかくため、普段以上に水分補給することが必要になります。

また、ただ水分を補給するのではなく、塩分(ナトリウム)の補給も同時にしましょう。

汗にはナトリウムが含まれているため、大量に発汗すると、水分だけではなくナトリウムも失われます。

血液のナトリウム濃度が薄まると、それ以上にナトリウム濃度を下げないために、喉の乾きが止まってしまう可能性があります。

そして、体液濃度を元に戻すために、水分は排尿されるため脱水症になり、熱中症の原因につながるのです。

体温が上がりやすい

水分の出入りが多く、水分を失いやすい

自由に水分補給できるようにして、実行させる

暑さに慣れることも大切

冷房の効いた室内で、長時間身体を動かさずにいると、汗をかく機会が減り汗腺の働きが低下しやすくなる傾向があります。

そうなってしまうと、暑いところで十分に発汗できなくなる可能性があります。

そのため、日頃から外で遊ぶ習慣をつけ、暑さに慣れさせることも大切になります。

日陰を選んで遊ぶなど、大人が注意してみてあげましょう!!

車の中での熱中症に気をつける

夏場に、車中で熱中症になることが多いです。

短時間でも子供を置き去りにしないことが重要です!

エアコンをつけていても、空気が循環しないと室温が上がる可能性もあります。

また、直射日光が当たっていると温度が上がるため、気づかないうちに脱水症状を起こす可能性もあるのです!

子供と鍵を車の中に残した状態で保護者が外に出て、誤って施錠してしまう『キー閉じ込み』を引き起こすことも考えられるため注意しましょう。

熱中症の症状

熱中症は、軽いものから重症なものまでいくつかの症状があります。

軽度

・めまい、失神(熱失神)

・筋肉痛、筋肉の硬直(熱けいれん)

・大量の発汗

中度

・頭痛、気分の不快

・吐き気、嘔吐

・倦怠感、虚脱感

重度

・意識障害

・けいれん

・手足の運動障害

・高体温

このように症状は様々です。

立ちくらみや、呼吸や脈が早くなったりする場合は、熱中症の症状があらわれ始めている可能性もあるため注意しましょう。

身体を冷やし、ゆっくり休ませ、水分補給もしっかりすることが大切です。

では、次に、自宅でできる熱中症の対処法も見てみましょう。

自宅でできる熱中症の対処法

軽度の場合は、自宅での対処で症状が改善されることもあります。

熱中症の症状がみられた場合は、次の3つのことを行いましょう。

・身体を冷やす

冷房の効いた部屋などに移動しましょう。

冷たいタオルなどで、首・脇・太ももの付け根を冷やすと効果的です。

・ゆっくり休ませる

衣服を脱がせて、楽な体勢で休ませてあげましょう。

・水分補給する

子供が飲みたいと言ったものを飲ませて構わないので、水分を補給させましょう。

そして熱中症の場合は、解熱剤をしようしても、熱は下がりません。

頭痛がある場合は、頭痛の症状を緩和することはできます。

熱中症になった場合の食事

麦茶と味噌汁がオススメです!

たくさん発汗した時には、ミネラルと塩分の補給が大切なのです。

麦茶にはミネラルが含まれており、普段より多めに飲むと効果的です!

そして、味噌には塩分・ミネラルが豊富に含まれています。

味噌汁は飲みやすく、熱中症にもオススメです。

熱中症対策に効果的なグッズも活用しよう

熱中症対策に効果的なグッズが年々増えてきています。

身体を冷やして、過ごしやすくしてくれるグッズがたくさんあるので、どんなものがあるのかみてみましょう!

水に浸すだけでひんやり涼しくなるタオルもあります。

濡らしてフリフリすると16℃になったりするのはビックリですよね!!

動き回る子供の首元にあててあげるとひんやりして気持ちいいので、熱中症対策にオススメです。

また子供の頭は、帽子をかぶっていても熱を持ったり、汗だくになったりします。

そんな時は帽子の中にフィットする保冷剤もあり、頭をひんやり涼しくしてくれます!

大人用もあるので、スポーツをする人や外仕事の人にもオススメです。

楽天やAmazonなどのネット通販でも購入することができます!

熱中症対策を心がけよう

まだまだ暑さが続きます。

子供の体調管理は難しいため、普段から熱中症対策をしていきましょう。

もちろん子供だけではなく、自分自身の対策も忘れないことが大切です。

子供と一緒に休憩したり、水分補給することをオススメします!

熱中症対策に効果的な便利グッズも有効活用してみると子供と一緒に熱中症対策をしましょう!!