ブログ

読みやすい文章の書き方!文章を読みやすくするための4つのポイント

文章を書いていると、自分は読みやすい文章を書けているのか疑問に思うことがあります。

せっかく書いた文章が、読者にとって読みにくかったらもったいないですよね。

この記事では、

最近いろんな人のブログを読むけど、読みやすい記事と自分の書いた記事が何か違う気がする。文章を読みやすくするには何かポイントとかあるのかな?読者が読みやすいと感じる文章の書き方が知りたい!

といったような疑問を持っている人のために、読みやすい文章の書き方について詳しく解説していきます。

読みやすい文章の書き方を解説!読みやすい文章とは

そもそも読みやすい文章とはどんな文章なのでしょうか。

読みやすいと感じる要因は様々ですが、

  • テンポよく読める
  • 見やすい
  • 知らない言葉もわかりやすく書いてある

など、このようなことがあげられます。

読みやすい文章は、読者目線になって執筆することが大切なのです。

文章を読みやすくするための4つのポイント

読みやすい文章についてわかりましたが、「読みやすい文章にするために工夫したり、気をつけたりすることはないの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

では、文章を読みやすくするための5つのポイントを詳しく解説します。

1文を短くする

読みやすい文章を書くためには、1分を短くすることが大切です。

1文が長くなってしまうと、読んでいて疲れてしまうし理解する情報が多くなってしまいます。

長くなってしまう場合は、2分に分けるなどの工夫をしてみましょう。

また、句読点をうまく使ったり、箇条書きにして書くこともおすすめです。

余白で段落を作る

余白で段落を作ると、1つ1つ理解しながら読むことができるので読みやすい文章になります。

例えば余白がない教科書があったらどうでしょうか。

読む気も無くなるし、読んでいてどこで休憩したらいいかもわかりませんよね。

そのため、適切な場面を段落ごとに余白で管理することで読みやすくなるのです。

文字に色をつけすぎない

文字に色をつけすぎないことも、読みやすい文章を書くには重要です。

文字がカラフルだとどこが大切なのかわからなくなりますし、読みづらいと感じてしまうのです。

基本的には黒、大事なところは赤など、最高でも3色までにしておきましょう。

色は、人が情報を識別する上でとても大切な要素になります。

難しい言葉を使わない

難しい言葉を使わないで説明することも読みやすくするために大切です。

専門用語や聞いたことのないような言葉で説明されても、まず読者は理解することができません。

知らない言葉が出てきたら、「この言葉の意味はなんだろう。」とそちらに意識がいって、読むことをやめてしまう可能性もあるのです。

どうしても使う言葉があるなら、読者がわかるように説明してあげる必要があります。

誰がみても理解できるような言葉で説明してあげることが、読みやすい文章につながるのです。

読みやすい文章を心がけて読者に情報を届けよう!

読みやすい文章を書くためのポイントについて詳しく解説してきました。

  • 1分を短くする
  • 余白で段落を作る
  • 文字に色をつけすぎない
  • 難しい言葉を使わない

このような点を意識しながら、読者になった気持ちで文章を書いてみましょう。

ちょっとした工夫が、読者に情報を届けるために大切なのですね。

【初心者向け】ブログ記事を書く時に意識しておいた方がいいことブログ記事を書く時に意識しておいた方がいいことってあるの?と疑問に思っている人はいませんか。この記事では、ブログ記事を書く時に意識しておいた方がいいことを3つ詳しく解説していきます。何を意識して書いたらいいのかわからない人はぜひご覧ください。...