育児

産後の生理再開はいつ?生理痛は?3児ママが完母と混合を比較!

こんにちは!3児ママのゆめです!

3児ママということで、産後の生理再開を3回経験しました。

この記事では、このような疑問に答えていきます。

産後の生理再開はいつ?完母と混合で違いはあるの?一人目と二人目でも変わるのかな?生理痛と血の量はどのくらいなんだろう。生理痛は産後すぐ戻る?

産後の生理が再開したけれど、生理不順で困っている。そして生理痛もひどくなってきた。対処法はあるのかな?

私の経験もふまえて、産後の生理について解説していきます!

産後の生理再開はいつ?生理痛は?3児ママが完母と混合を比較!

私も産後、毎回のように、生理はいつくるんだろうと考えていました。

生理痛もひどい方だったので、またあの痛みが毎月訪れるのかと思うと、まだこなくてもいいかな?と思っていました。

私は完母混合を経験しているので、完母で生理再開がいつなのか、混合で生理再開がいつなのか、疑問に思っている人のために経験談を綴っていきます。

ではまず、完母と混合について簡単に説明します。

完母とは

完母とは、完全母乳のことです。

生まれてからミルクを与えないで、母乳だけで育てることを言います。

母乳を与えることで、産後の回復を早めたりするため、完母をおすすめしている病院も多くあります。

混合とは

混合とは、母乳とミルクを飲ませることを言います。

母乳があまり出なかったり、働きに出るためミルクをあげたり、時と場合によって母乳とミルクを使い分けます。

完母に比べるとミルク代はかかりますが、預けやすくなったりとメリットもあります。

完母=完全母乳

混合=母乳+ミルク

完ミ=完全ミルク

産後の生理再開時期は完母と混合で変わるの?

では、産後の生理再開時期は完母と混合で違いはあるのでしょうか?

完母だと生理再開が遅くなるなどと聞いたこともあると思いますが、なぜなのか気になりますよね。

では、完母の場合と混合の場合を比べてみましょう!

完母の場合

妊娠中から産後にかけて、ママの体の中のホルモンは変化し、その中でもプロラクチンというホルモンが母乳に関係しています。

プロラクチンには、母乳が出るように促す働きがあるのです。

また、排卵を促すホルモンを抑制する働きもあります。

そのため、授乳によってプロラクチンが分泌することで、排卵がおこらず生理がこないということにつながるのです。

混合の場合

混合の場合は、ミルクをあげることもあるため、授乳の回数が減ることになりますよね。

そのため、プロラクチンの分泌が減り、完母よりも排卵する可能性が高まるということにつながるのです。

なので、完母よりも混合の方が生理再開が早まると言われているのです。

実際に3児ママが経験した産後の生理再開時期

では、本当に完母と混合には、生理再開時期に差があるのでしょうか?

あるとするならば、どのくらいなのでしょうか?

実際に産後の生理再開を3回経験した私の体験談をご紹介します。

1人目(完母)の生理再開時期

まず、1人目は1年間完母でした。

哺乳瓶を嫌がってしまうため、完母で1歳まで育てました。

私が完母で生理再開した時期は、産後4ヶ月です!

1年じゃないの?って思いますよね!?笑

私も思いましたよ〜!!泣

でも実際に完母でも、授乳真っ只中でも、意外と早く生理再開するんだなと学びました。

2人目(混合)の生理再開時期

2人目は、母乳とミルク半々の混合でした。

1人目とは違い、哺乳瓶を嫌がることはなかったため混合にしました。

混合で生理が再開した時期は、産後2ヶ月でした!

2ヶ月で生理が再開した時は、こんなに早いの!?と驚きでした。

この時、完母よりは混合の方が早まるんだなと実感しました。

3人目(混合)の生理再開時期

そして3人目も母乳とミルクの混合でした。

でも2人目よりも授乳頻度が少なかったです。

混合(ミルク多め)で生理再開時期は、産後2ヶ月でした!

2人目と変わらなかったので、完ミ(完全ミルク)でもこのくらいなのかな〜と感じました。

3児ママの生理再開時期

1人目→完母→産後4ヶ月

2人目→混合→産後2ヶ月

3人目→混合→産後2ヶ月

完母と混合で2ヶ月ですが差があることがわかりましたね!!

産後の生理痛や経血の量は産前と変わらないの?

では、産後の生理痛や経血の量は産前と変わらないの?と疑問に思った方もいると思うので、私の経験談をご紹介します。

産前の生理痛・経血の量

産前の生理痛は毎回鎮痛剤を飲むくらいひどい方でした。

症状も様々で、ひどい時には薬も効かず外出もできないこともありました。

経血の量も多く、昼間でも夜用ナプキンをしていました!

産前の生理痛

頭痛・吐き気・嘔吐・下腹部痛・腰痛

産後の生理痛・経血の量

産後の生理痛はびっくりするほど軽いものでした。

むしろ症状が何もないこともありました。

経血の量も再開後すぐは少なめで、徐々に産前と変わらないくらいになっていきました。

産後の生理痛

若干の頭痛・若干の腰痛

ですが、ずっと続いたわけではなかったので、後ほど生理痛が戻った時期についてご紹介します。

産後の生理痛はどのくらいで戻るの?3児ママの経験談

私は産後の生理痛が軽かったため、出産したことで生理痛が軽くなったんだと喜びました。

2年おきに出産したため、1人目と2人目の産後の生理は8回〜10回ほどしかきていないため、ほとんど生理痛を感じることがなかったです。

そして3人目の出産後も同じようにほとんど痛みがなく、生理痛は無くなったんだと思って過ごしていました。

ですが、3歳半を過ぎた頃から急にひどい腰痛・頭痛・下腹部痛が…。泣

でも産前は3日ほど続いた生理痛ですが、1日しか起こりませんでした。

そしてもう少しで3人目出産から4年が経ちますが、ほとんど産前の生理痛に戻りつつあります。泣

1人目出産→産後生理8回ほど生理痛なし→2人目妊娠

2人目出産→産後生理10回ほど生理痛なし→3人目妊娠

3人目出産→3年半生理痛なし→徐々に産前同様に戻る

では次に、産後の生理不順について説明します。

産後は生理不順になりやすい?原因は?

産後は生理不順になりやすいと言われています。

実際に私も30日前後できていた生理周期が、45日ぐらいになったりとひと月丸々生理がこなくなることもありました!

では、生理不順になる原因はなんなのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れ

まずは、生理不順につながる原因のホルモンバランスの乱れについてです。

産後はホルモンバランスが乱れることが多くあります。

産後は、体が妊娠前に戻ろうとするため、ホルモンバランスも変化していきます。

先ほど説明したプロラクチンというホルモンが関係している可能性もあります。

プロラクチンの排卵を抑制する働きが影響して、周期が不規則になることもあるのです。

骨盤の歪み

次に、骨盤の歪みも生理不順につながります。

骨盤は出産時にひらくため、産後は元の位置に戻ろうとします。

ですがこの時に、歪んだまま閉じてしまうことがあります。

骨盤の歪みは、ホルモンバランスも乱れ、血行も悪くなり体の冷えにもつながります。

そうすると、生理痛がひどくなったり生理不順がおこったりするのです。

育児疲れ

生理不順の原因には、育児疲れも考えられます。

産後は、3時間おきの授乳や睡眠不足などでストレスが溜まっていることがあります。

24時間体制で育児しているのだから、疲れも溜まりますよね…。

また、妊娠していた体が元に戻ろうと体も変化していきます。

そのため、自分では大丈夫と思っていても、だんだん疲れが溜まってしまい体に負担がかかってしまいます。

血行不良

最後の生理不順の原因は血行不良です。

血行不良になると、体全体が冷えてしまいます。

そしてホルモンバランスも乱れ、生理不順にもつながり、生理痛もひどくなるのです。

また血行不良は、肩こりや頭痛、疲労などの症状も起こるため産後は気をつけておきたいところですよね!

産後の生理不順や生理痛の対処法は?

では、産後の生理不順や生理痛の対処法はあるのでしょうか?

対処法があるのなら、少しでも改善したいですよね!

ですが簡単に対処できるだろうと思うことが、産後は難しかったりするんですよ。

その中でも、ママの体のために少しずつ改善していくことをおすすめします。

生活環境を整える(食事・睡眠・運動・ストレス発散)

まずは、生活環境を整えることが大切です。

食事で栄養をしっかりとる

睡眠を十分にとる

運動を適度にする

ストレスを発散する

当たり前のように感じますが、産後のママにとっては大変なんですよね…。

だってご飯は残り物とか子供が泣く前に急いで食べるでしょ〜(もはや噛まない笑)

毎晩夜泣きで、昼間も寝たと思ったら背中スイッチで置けなくて抱っこでしょ〜

だから運動する暇あるなら寝るでしょ〜笑

そんな状況でストレス発散する時間ないでしょ〜泣

と、こんな感じなんですよ!現実は!

だから生活環境を整えるためには、周りの助けも必要なんですね。

血行促進させる

では次の対処法は、血行促進することです。

生理痛の原因には、血が足りなくなったり、血の流れが悪くなったりすることが原因だと言われています。

血行促進することで、全身の血行の巡りが良くなり痛みを緩和することが可能になります。

そのため、ゆっくり入浴して全身を温めたり、足湯をしたりするなどを行なってみることをおすすめします。

でもね、ゆっくり入浴してる暇なんてないんですよ〜。

子供が風邪ひかないように急いでパッと洗ってバシャンと入って終わり!笑

一人でゆっくり半身浴とかしたいですよね〜。

やはり周りの助けが必要になんですね。

サプリメントを飲む

では最後の対処法はサプリメントを飲むことです!

サプリメントにもいろいろありますが、亜鉛は生理不順や生理痛に効果的だと言われています。

亜鉛にはホルモンバランスを整える働きがあるため、女性ホルモンが分泌され生理痛を和らげてくれる効果が期待できます!

この女性ホルモンの分泌が低下してしまうと、排卵が遅れてしまったり、子宮の内膜が早く剥がれてしまったりして、生理不順を引き起こす可能性があるのです…。

そのため亜鉛は、妊活中の夫婦・妊娠中や産後のママ・成長途中の子供にも必要な栄養素なのです!!

亜鉛は牡蠣などの食品に多く含まれているのですが、食事だけで摂取するのが難しかったりしますよね。泣

サプリメントは、産後で大変なママでも簡単に摂取することができるのでオススメです!!

安くできるのには理由がある!初回100円で始める「亜鉛」

 

産後の生理と向き合おう

産後の生理再開はいつなのか、産後の生理痛や生理不順についても解説してきました。

産後はいつ生理が再開するんだろう?生理痛はひどくなるのかな?と不安になるんですよね。

2人目の妊娠を考えている人も気になるところだと思います。

産後の生理は人ぞれぞれな部分もありますが、少しでも参考になって不安を取り除くことができたらと思っています。

また、産後の生理不順や生理痛で悩まされている人が少しでも改善できたらいいなと…。

私自身も、改めて女性の体は妊娠や出産で変化しているんだと感じましたね。

そして産後のママは、自分の体が完全に戻っていない中で24時間体制で育児しているんだと思うとすごいですよね。

周りの助けがあるだけで、体力的にも精神的にも全然違います。

もしこの記事を読んでいるパパさんがいたら、産後のママの体が戻るまで時間がかかることがわかったと思うので、ママに時間をプレゼントしてみてくださいね!

たった1時間でもママは嬉しいものですよ。