節約・家計

【節約術】NHK受信料を少しでも安くする方法はあるの?

こんにちは!NHKの受信料を少しでも安くしたいゆめです!

この記事では、

NHK受信料って払わないといけないの?NHK受信料を少しでも安くする方法はないのかな?

このような疑問にお答えします!

【節約術】NHK受信料を少しでも安くする方法はあるの?

節約していると、固定費でもあるNHK受信料を少しでも安くする方法はないのかな?と思う人もいるのではないでしょうか?

ずっと払い続けるNHK受信料なので、節約できるならしたいですよね!

この記事では、NHK受信料を少しでも安く払う方法をご紹介します。

NHK受信料とは

まずNHK受信料とは、簡単に言うとNHKの運営費用ですね!

NHKと契約した場合は受信料を払うことになります!

よく自宅にNHKが訪ねてくるのも、NHKの受信料を払ってもらうために契約を交わしにきているのですね!

NHK受信料の料金と支払い方法

NHK受信料の料金と支払い方法について解説します!

支払方法には、口座から引き落とされる口座振替・クレジットカードの支払い・コンビニや金融機関で払う振込用紙の3つがあります。

NHK受信料はこの支払い方法で料金が変わってきます。

契約種別 支払方法 2ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
衛星契約 口座振替

クレジットカード払い

4,460 12,730 24,770
振込用紙 4,560 13,015 25,320
地上契約 口座振替

クレジットカード払い

2,520 7,190 13,990
振込用紙 2,620 7,475 14,545

このように見てみると、年払いが高く感じますが実は長いほどお得になっています!

そして振込用紙よりも口座振替・クレジットカード払いの方が安いのがわかりますね!

あまり知られていないNHK受信料の家族割引

NHK受信料のことを知る人は多いのですが、その中でも『家族割引』があることを知らない人は多いです。

NHK受信料の『家族割引』は、自身の実家と生計が同一の場合はNHK受信料を半額にすることができます。

親と離れて一人暮らししている学生さん、単身赴任している人などが対象です!

また自宅とは別に別荘などを持っている場合も『家族割引』対象です。

知らずに払っていた人はすぐにNHKのホームページから手続きをしてみてくださいね!

NHK受信料を少しでも安くする方法

NHK受信料を少しでも安くする方法は、ずばりクレジットカードで12ヶ月前払です!!

振込用紙よりも口座振替・クレジットカード払いの方がお得!

2ヶ月払いより6ヶ月、6ヶ月より12ヶ月前払の方がお得!

クレジットカードはポイント還元される!

これから先何十年と払っていくことを考えると、1番お得な方法で払いたいですよね!!

NHK受信料を払いたくないなら

どうしてもNHKの受信料を払いたくないなら、テレビ・ワンセグを手放して、手放した証明書を手に入れる必要があります。

そしてNHKに解約届を提出しましょう!

NHKの人が確認しにくる場合も考えられるため、嘘の申告はしないようにしましょう!

NHK受信料はクレカで年払いしよう!

NHK受信料の料金や支払い方法を知って、どの方法がお得なのかわかったと思います。

最初はよくわからず2ヶ月払いで振込用紙の人が多いんですよね…。

でもそれ1番損しているんです(泣)

どうせずっと払っていくものなら少しでも安く払いたいですよね!

NHK受信料は、クレカで年払いして節約しましょう!!