在宅ワーク

Webライターに向いている?向いていない?それぞれの特徴5選

Webライターは初心者でもなれますが、始める上で気になるのが自分はWebライターに向いているのか、向いていないのかですよね。

この記事では、

Webライターになりたいけど私に向いているのかな?もし向いていなくてすぐに辞めるのは嫌だな。向いている人と向いていない人の特徴があるなら知りたい!

このような疑問について、自分がWebライターに向いているのか確認したい人のために解説していきます。

Webライターに向いている?向いていない?それぞれの特徴5選

Webライターになりたい!と思っても、最初は「向いていなかったらどうしよう…」と不安になることもありますよね。

ですがWebライターに向いている人の特徴と向いていない人の特徴がわかれば、自分と照らし合わせて確認することができます。

もし向いていない人の特徴が当てはまったとして、それでもWebライターをやってみたいと思う人もいるでしょう。

そんな時は意識して改善しようと努力すれば、Webライターに向いている人に近づく可能性もあるのです!

まずはそれぞれの特徴を知ることが大切なので、詳しく解説していきます!

Webライターに向いている人の特徴5選

ではまず、Webライターに向いている人の特徴5選をご紹介します。

5つ全て当てはまったらすごいですよね!!

当てはまるものがあったなら向いているということなので、Webライターを始めてみることをおすすめします!

では特徴を1つずつ解説するので、自分と照らしあわせてみてくださいね。

読み書きが好き・得意

読み書きが好きで得意な人は、Webライターに向いています!

文章を読むことで情報をインプットして表現力や文章力が上がりますし、実際に書いてアウトプットすることでスキルも身についていきます。

そもそもその行為が好きな人は楽しみながらライティングをすることができるので、稼ぎながら好きなこと・得意なことができるWebライターは向いていると言えるのです!

情報をまとめることが得意

情報をまとめることが得意な人もWebライターに向いています。

Webライターは情報をわかりやすく読者に発信していく力が必要になるので、情報をまとめることが得意なら記事を書いていて楽しいとさえ思えるのです!

そのため「読者のためにこう書いたらわかりやすいかな」「ここは箇条書きでまとめた方が伝わるかな」とまとめ方も常に意識してわかりやすい記事が完成するのですね。

コミュニーケーション能力がある

コミュニケーション能力がある人もWebライターに向いていると言えます。

Webライターというと、在宅で1人で仕事をしていればいいというイメージが強いと思います。

ですがWebライターはクライアントと連絡を取り合ったりして、うまくクライアントが求めているものを探り出さなければいけないのです。

そのため在宅でできる仕事でも、コミュニケーション能力は必要になってきます。

自己管理ができる

Webライターに向いている人は、自己管理ができることも特徴の1つです。

Webライターは基本的に自分で作業量や作業時間などを決めることが可能です。

それはメリットにもなりますが、自己管理ができないと収入にも影響が出てくるのでデメリットにもなるのです。

そのためきっちり自己管理ができる人は、Webライターになってもしっかりペースを考えて収入を増やしていくことも可能なので向いていると言えるのです。

黙々と作業することが苦ではない

黙々と作業をすることが苦ではない人は、Webライターに向いています!

Webライターはパソコンに向かって文字を打ち続ける作業が永遠と続きます。

そのため黙々と作業をすることができない人は辛いですが、全然苦にならないという人にはおすすめなのです。

Webライターは黙々と作業を続けることでどんどん記事が出来上がっていき、最後に達成感を味わうことのできる素敵な仕事なのですね。

Webライターに向いていない人の特徴5選

Webライターに向いている人の特徴についてわかりました。

では次にWebライターに向いていない人にはどんな特徴があるのか5つ解説します!

文章を考えたり書いたりするのが嫌い

文章を考えたり書いたりするのが嫌いな人は、Webライターには向いていないです。

まず文章を書きたいという気持ちが湧かないですよね。

Webライターは読者のために考えて書いて喜びを得ることができる職業なので、そもそもその行為自体が嫌いなら文章を書くことが苦痛に感じるでしょう。

ですが書き続けていたら好きになるという可能性もあるので、嫌いでも行動してみるという方法もありますね。

パソコンでの作業が嫌い

パソコンでの作業が嫌いな人もWebライターには向いていません。

Webライターは基本的にパソコンでの作業になるため、最低限の操作を毎日こなすことが必要なのです。

メール・ワードエクセル・テキストエディタ・画像の管理など記事を作成するために、パソコンに向かう時間がとても長いのです。

このパソコン作業が嫌いだったり、苦痛に感じるのであればライターを続けることは難しいでしょう。

調べるのが嫌い

何かを調べることが嫌いな人もWebライターには向いていないですね!

Webライターは特に知識が必要ということはなく、調べてまとめる力が必要なのです。

そのため「調べるのが面倒くさい」「調べ方がよくわからなくてリサーチすることが嫌い」という人は向いていないと言えるのです。

もちろん調べなくても知識が豊富にあるから大丈夫!という人は別ですが、Webライターといってもいろんな項目があるので、仕事の幅を広げたいなら調べることも大切です。

時間にルーズ

時間にルーズな人はWebライターには向いていません。

Webライターは納期を守らないと信用性に欠けてしまいます。

この日までに提出してほしいという相手のニーズに応えることが仕事をもらう上で大切になってくるのです。

また、自分で「12時までに2000文字終わらせる」など時間を決めて作業を進めることも大切なので、「やっぱり17時までに終わらせればいっか」と時間にルーズでは作業も進まないのです。

自己主張が強い

自己主張が強いこともWebライターには向いていない特徴の1つです。

Webライターは正しいことをクライアントの要望通りに書く必要があります。

また読者が知りたい情報をわかりやすく書くことが目的なので、自分が思っていることを押し付けたり書きたいことを書くだけではうまくいきません。

程よく感情をのせて書くことはいいのですが、自己主張が強すぎる文章ばかり書く人はWebライターには向かないのですね。

読者のために執筆したいと思うのならWebライターに向いている

Webライターに向いている人の特徴、向いていない人の特徴をそれぞれ5つ解説しました。

当てはまるものはありましたか?

向いていない人の特徴に当てはまっても、読者のために執筆したいと強く思うのなら「Webライターに向いている」と言えます。

Webライターに大切なのは、画面の向こうの読者に記事を読んでもらって「この記事を読んでよかった」と思ってもらうことです。

その気持ちが強くあるならWebライターとしてやっていけるでしょう。

在宅ワークの始め方【初心者向け】在宅ワークの始め方について知りたいですか?本記事では、在宅ワークの始め方について解説しています。まず何をすればいいのか、探し方、実際にやってみたなどを詳しく説明しています。これから在宅ワークを始めたい方はぜひご覧ください。...